入院生活 2日目

午前中は 神奈川インターナショナルドッグショーがの応援にパシフィコ横浜へ。

手術後、まだ会えていないので、プリエの面会は午後からだし、おやつなどの買出しに。
プリエにヤギミルクも買ってあげたかったからローザママを誘ってお友達の応援に。

途中で病院に様子を聞くために連絡をすると、
「今日、いらしたときに、プリエちゃんをお散歩に連れて行ってあげてください」と。
とにかく元気すぎる様子。でも顔は病気っぽい顔しているネ。
f0020595_1544232.jpg


面会時間に病院に行き、2日振りにプリエと逢うと、出てくるや否や、文句タラタラ~~。
お散歩も30~40分位はOKということで、知らない土地で、迷子にならないように出かけると、小走りで走るは、ずんずん歩くは元気な様子。

出して欲しいブツは出なかったけど、チーは2回出て良かったね。(スタッフとだとしないらしい)
別室でおやつをあげたり、大好きなイチゴを食べたりまだ変に興奮しているので、マッサージをしたり少し落ち着かせてあげたかった。
f0020595_15443179.jpg

少し落ち着き、ツルツルのお腹を見せてくれる。

この日、血中濃度(PCV)はまだ戻らないけれど(25%)血小板は基準値まで戻り、骨髄での再生が認められ、順調に回復中と。
とにかくよく水を飲む。その割にはおしっこを出さないらしいので、心配される。
f0020595_1614446.jpg

院内では落ち着かないらしく咥えたまま動かなくなったので、車の中でお土産のブタ耳を齧る。
鼻の先が剥げてしまったのは、ゲージを鼻で押して脱走を何度も試みているから。
ダブルロックになっているのに、内側からロックの部分をバンバン叩いて鍵を外しているらしい。
知能犯め!

朝ごはんは計画的にかアクシデントかひっくり返して食べなかったそう。
夜ご飯の時間になったので、食べさせ、排泄させてから帰ろうと思ったら、医師から、「プリエちゃん、お母さんが居ると全然お顔が違います。ご飯も食いつきが全然違うし、早く返しましょうね。そのほうがいいですね~」と。
その日は結局、排泄出ないまま病院を後にする。

by puri-puri-prier | 2012-02-05 15:12 | お病気 プリエ