過ぎ行く季節

f0020595_0453220.jpg

今年の春、ちょうど桜が満開で、まだプリエが自力で歩いてお散歩に来れて、病院に行く前だからって、私も安心して最後にご機嫌に走しらせてあげられて、この木の下でボン、ファル、プリエで写真を撮った思い出の桜。
プリエと一緒に見た最後の桜の木の葉も間も無く枝だけとなってしまうんだなぁ、、、と、散りゆく紅い葉を見て、時の過ぎ行きを感じてしまいました。
淋しいなぁ、、、

先日、やっと初めてプリエが夢に出てきてくれました。
それはもう、鮮明に!
突然リビングで、 ママおはよ〜 と、シッポ いや、お尻をブリブリ振りながら少し腰を落として顔を上げながらベロベロ舐めに来てくれました。
顔から首のラインの触り心地、腰からおしりのカーブ、あぁ!プリちゃんだ!
私も自然と プリちゃん、おはよ〜。なんだろう?何だか久しぶりだねぇ。ママがこんなにプリちゃんのお世話何でしていないんだろうね?プリちゃん、コートがパサパサだねぇ。あ〜、そうかぁ、プリちゃん、死んじゃったんだもんねぇ。
と、そう言った途端にプリエはパッと消えていなくなってしまいました。

夢でやっと逢えたけど、それからまた、幸せ半分、淋しさ倍増の日になりました。

by puri-puri-prier | 2012-12-02 00:14 | プリエ