ガンドッグプチ大会

4月12日〜13日に、富士見高原にてF.CHORDさん主催のガンドッグ大会
F.CHORD CUP に参加させて頂きました。
プリエが亡くなって直ぐに、一度、ガンドッグってどんな事するの?的な体験をして以来でした。
(正直、あの練習の日は山盛りなレクチャーで、頭はパンクして、記憶は飛んでしまっていました)
f0020595_024461.jpg


一日目は、翌日のプチ大会に向けて、どんな競技をするのかやってみよー!
と、各自エントリーしているクラスに別れて練習しました。
私は、初の大会だったので、内容もあまり理解していないままエントリークラスに登録していましたが、
エントリークラスの内容が、
10mの待て~呼び戻し。
マーキングシングル20m
マーキングシングルブッシュ20m

訓練競技会で何度もご一緒していたHさんからファル君は絶対に出来るから、次のクラスにステップアップと言われてノービスクラスの練習をしました。
f0020595_024539.jpg

ノービスクラスの競技は
①マーキングSラビットダミー30m  上の写真の足元にあるかなりの重さのあるウサギの毛皮の付いたダミーを30mの距離をフィールドから探します。
②マーキングSブッシュ50m  スタート地点から50m先のブッシュの中に投げ込まれたダミーを捜します。
③マーキングW30m  2つのダミーを一つづつ回収します。

久々のお勉強で登場した大好きなトマトちゃんと広い広いフィールドにすっかり舞い上がってしまって大興奮でトマトよこせ!!とオッパッピーになってしまったファルちん。
もう何も言葉が通じません。 ギャン泣きしながらグルグル回ってるし、勝手な事ばかり。30m先に物を探しに行くという事は経験も無いし、茂みにダミーがあるなんて思ってもいないし、何とか 回収してきたダミーはホラよ!と近くで放り捨てるし。。。ん~~ん。困った。
こんなで翌日の大会はどうなる物やら、、、と心配していたら、ちゃんと体が覚えているんでしょう。

14日のピクニック大会の日にはエントリークラスではキッチリ競技会モードに切り替わっていてトップの成績で通過。
f0020595_024645.jpg

すっかりどや顔のファルちん。(笑)

トップ3チームは希望すると1つ上のクラスにエントリー出来るシステムだったので出来なくて当たり前とエントリーしてみました。
前日、初めて見て咥えてみたウサぴょンダミー。大好きになりました。
30mのウサぴょンレトリーブ、落とさず回収。

マーキングSブッシュ50mは、スタートする前からジャッジの足元にあるダミーに気を取られていたのはわかっていたのだけれど、意識を切り替えてあげられないまま送り出したら、ジャッジの足元に直行。
もう一度、仕切りなおして送り出すものの、50mまでは進めずリタイア

マーキングw では、1本目は目視出来る位置にあったからか すっ飛んで回収。
2本目はあっちのほうだよ~と指示を出したのとずれた方向に走っていったので、ありゃ、だめだよね~と期待していなかったら私の指示した方向が間違えていて、ファルはちゃんと見つけてきました。
やるなぁ、ファルちん。ビックリだよ。

ファルちんの競技を見てすっかりやる気満々になったBONくん。
ファルちんよりスピードも意欲もある様子。どちらもちょっと楽しみ。

ガンドッグはレトリーバーの本能が刺激され、広いフィールドを走り回れるので歳をとったワンコも参加している競技です。今回も実際、13歳のゴールデンさんや、全盲のラブちゃんも鼻と飼い主の指示でちゃんとレトリーブしてくるんです!それは素晴らしかったです!
犬達がブッシュの中を走り回りダミーを探し回る姿は惚れ惚れする美しさでした。

犬も飼い主もたくさんの刺激とお勉強をした2日間でした。

今回、ご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました。
主催してくださったF.CHORD KENNELさん、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。
また秋には参加できる様にBON・FARUと遊んでみよ~っと。

by puri-puri-prier | 2013-04-16 23:21