予感的中・・・。

前回、貧血を起こしたのが前回の嵐の日。
それから、3日。 
昨日の嵐に、なぜか同じことが起こるんじゃないかと不安を抱えていたら、夜、予感的中してしまった。
すこし、嵐が収まった8時近く頃に「やっぱり様子がおかしい」と思い、病院に電話をしていると、自力で立ち上がろうとするも、足がもつれ、そのままトイレに行くが、用事を済ませると、そのままその場に崩れるようにへたり込んでしまった。
つい、1時間前まで「ご飯♪ ご飯♪」って騒いでいたのに・・・。

今回は前回の輸血がまだ効果を少し残してくれているのか、前回ほど、貧血は酷くなさそうなのが、病院に運ぶ決断を鈍らせた。
呼吸が荒い。
どこかで破裂したのは間違いはない。 どの程度なのかはまったく見当もつかない。
抱き上げると、苦しかったのか、天を仰ぐように反り繰り返った。
正直、その時点でもうダメかと思った。

病院で、酸素吸入・血圧・心拍の確認。
そして血液検査で今の状況を確認してもらうと、血小板が減っている。
搬入当初、血圧も少し下がり気味だったけど、処置のおかげで間もなく回復。
PCVが前回の輸血終了後と同じ数値だったので、今回は輸血は見送ることに。(温存する)
そのかわり体の回復を期待するため、点滴を一晩かけて流すため、泣く泣く一晩入院です。

私が病院を出るころには、自力で立ち上がり、目力も戻ってきたので明日はつれて帰ろう。

by puri-puri-prier | 2012-04-04 00:56 | お病気 プリエ