退院しました

f0020595_924828.jpg

昨日は、朝、8時過ぎに病院から電話があり、「プリエちゃん、やっぱり一晩かけてじわりじわりと出血が止まっていないようで、血小板もかなり下がり、PCVも減ってしまっているので輸血が必要になります」と。そして、手術の時に供血してもらえたラウルスくんにもう一度お願いできると拒否反応が出ないと言われ、朝から供血のお願いをすることに。
飼い主さんに快諾していただけて、感謝。

もしも、ラウルスの到着が間に合わない時に備えて、病院に比較的近くにすんでいるプリエの子供のゾーイもクロスマッチを兼ねて、来院してくれた。
親子関係だと、自分の血を自分に戻すのと同じ様に、まず問題なく輸血ができるのだそうだ。

ラウルスくんも無事に到着してくれて、直ぐにプリちゃんに輸血が始まり、お陰で、輸血の途中から元気が復活しはじめて、やれ、お腹が空いた〜!お水が飲みたい〜!と。
病院の先生も、輸血中にご飯食べたいって言った仔初めて見たよって言われましたF9C7.gif

今日のプリちゃんですが、随分とお腹に血や腹水も
貯まっているせいでしょうか。食後だからでしょうか?
ぐーすか寝ています。


しばらくはこのようなプリちゃんの闘病記になると思います。
これは、いま、毎日が変化に激しく、きっとこの先色々な事が起こると、覚えていられない事が沢山出てくると思うので自分の後々の記録・記憶として記しています。
じゃ、公開することもないんじゃない?ともおもいますが、とても気にかけてくださるお友達もたくさんいます。全てプリちゃんからの贈り物で私の財産です。
だから公開にしています。
辛い思い出の方や、色々な思いのある方はスルーしてくださいね。

勝手を言ってごめんなさい。

by puri-puri-prier | 2012-04-05 09:24 | お病気 プリエ